小さい頃、空想の中で空を飛ぶことを夢見ていたという人も多いのではないでしょうか。また、宇宙空間でふわふわと浮きながら移動する宇宙飛行士の生活はどのようなものなのか体験したいと感じたことはありませんか。人間は自分の体だけで空を飛ぶことができません。また、地球にいる限り私たちの周りには重力があるため、宇宙空間と同じようにふわふわと宙に浮くことは不可能です。しかし、アンティグラビティフィットネスでは常に体に感じている重力に反して空間を自由に動くことができる新感覚のフィットネスとして注目を浴びています。

ハンモック反重力を可能にするのが、独自に開発されたハンモックのような器具です。天井から吊るされている布は伸縮性のある生地で、体を預けると膜のように伸びて体を包み込んでくれます。この生地を利用して様々なポーズを取ることでエクササイズができます。

アンティグラビティフィットネスが誕生したのはアメリカのニューヨークです。元々はパフォーマンスとして使われていたものをフィットネスに応用したもので、現在では世界60カ国以上に広がっています。重力から解き放たれることで体と心のメンテナンスができるとされており、インストラクターの数も全世界で3000人にのぼります。