アンティグラビティフィットネスは、天井から吊るされたハンモック状の布に体を預け、様々なポーズを取るフィットネスです。そのポージングの種類は2000種類以上に及び、レベル毎に分かれたクラス編成で実践されていきます。天井から吊るされた布の中にこっぽりと収まると、まるで卵の中に包まれているような見た目になりますが、布を足や手に絡みつけて体を支えてぐるりと回転してみたり、布の上でバランスを取るポーズもあり、その動きにはパフォーマンス的な要素も組み込まれています。

フィットネスアンティグラビティフィットネスのメリットは、自重と重力を利用することで関節などへの負荷を軽減し、少ない力で体幹を鍛えることができるところにあります。ヨガの要素もあるため、リラックス効果やストレスの軽減にも効果があります。

布に自分の体重を預けるのが怖いと思う人もいるかもしれませんが、アンティグラビティフィットネスで使われている生地の素材は空中パフォーマンスでも利用されているものと同じで、450キロ以上の重さにも耐えられる独自に開発されたものです。地面から離れるのが怖いと思う人も、基礎からできるクラスがあるためじっくりと自分に合うところから始めることが可能です。